マイナンバーカードの必要性と保管場所

マイナンバー制度は国民生活の円滑化に必要なものです。

テレビマスコミ等では情報漏えいが必ず起きる怖いシステムだと、一方的なネガティブキャンペーンが実施されました。

マイナンバーの保管情報のお得な利用法をお教えします。

しかし、その根拠は事実に基づいておらず、風吹けば桶屋が儲かるといった風な、憶測レベルのバッシングです。

実際にマイナンバーカードを紛失しても、個人情報がそれだけで漏洩する事はありません。また最悪、財布ごと盗難被害に遭遇しても、医療に関するデータが勝手に盗まれたり、福祉や年金に関するお金が勝手に悪者に盗まれる、といった第二の被害は発生しません。

テレビマスコミのミスリードに流され、マイナンバーを怖いものだと認識してしまっている市民の方も多いですが、本来は災害支援や納税、そして社会的な保障をサポートする大事なカードです。



ただし、個人または事業者はマイナンバーを正しく保管する義務を課せられています。

最近のYahoo!ニュース情報を集めました。

盗難被害に遭ってもそこから直接データが漏れる事はありませんが、いわゆるクーポン券のような簡易的なカードではなく、クレジットカードと同等の機密性を持つカードです。

自宅で保管する際は、判子や銀行通帳同様に正しく金庫などで保管しましょう。
貴重品全てを一部の金庫で保管すると、万が一の時、全ての貴重品を一度に失う事になりますので、もし可能であれば、分割して保管した方が良いかもしれません。
またマイナンバーカードは行政系の手続きの際や転職の際などに提出が求められますので、外出時に素早く取り出せる場所に置く事も大事です。