企業などマイナンバーの収集について

マイナンバーは国民一人ひとりに12桁の番号を割り当て、社会保障や税金など行政の効率化や国民の利便性を向上させ、公平で公正な社会を実現するために導入されたものです。

具体的には行政でこれまで本人を確認するための作業にかかっていた労力を削減したり、添付する書類を削減することができるといったことや、行政機関から様々なサービスが受けることができるようになるというものです。

マイナンバーの収集ならこちらが人気です。

社会保障や税金の分野では会社も関係してくるために、会社ではマイナンバーを収集する義務が生じてくるのです。



例えば雇用保険の資格取得や確認、税務署へ提出する源泉徴収票や調書などの手続きや書類がそれらに該当することになり、会社はマイナンバーを収集して、本人確認を行った上で手続きを行う必要があるのです。

これまで会社では管理する必要がなかった項目が増えるということだけでなく個人情報と番号法などの法的な措置を講じる必要も生じてくるのです。

例えばマイナンバーを収集して保管を行う場合も、物理的に分けられた場所で行い鍵のかかる保管庫で管理して、システムなどへの登録もセキュリティ強化を図る必要性も出てきます。

会社の場合は本社だけでなく事業所や店舗を複数抱えていることもあり、そこで採用や退職があるつど作業が発生し、そのやりとりも出てきます。

エキサイトニュースにまつわる情報をまとめています。

このような作業を軽減し、管理レベルを強化する場合、収集を代行してもらうという方法があります。

セキュリティの高い業者で管理をして収集業者と契約を行うという方法が可能です。